takeo paper show 2018 precision:Special Edition(永原康史)
5c4c0a0ec2fc28594a111848 5c4c0a0ec2fc28594a111848 5c4c0a0ec2fc28594a111848 5c4c0a0ec2fc28594a111848 5c4c0a0ec2fc28594a111848 5c4c0a0ec2fc28594a111848 5c4c0a0ec2fc28594a111848 5c4c0a0ec2fc28594a111848 5c4c0a0ec2fc28594a111848

takeo paper show 2018 precision:Special Edition(永原康史)

¥7,480 税込

送料についてはこちら

1899年の創業以来、紙の専門商社として高級特印刷用紙「ファインペーパー」の開発と提供を行う株式会社竹尾。1965年より開催し、2018年に48回目を迎えた「竹尾ペーパーショウ」は、日本国内の紙関連業界において唯一かつ最大規模の展示会だ。 4年ぶりの開催となった今回の竹尾ペーパーショウは、「precision / 精度」をテーマに掲げ、これまでのファインペーパーの枠組みの中だけでなく、多様な紙素材をファインマテリアルへ進化させた、新しいファインペーパーを提案した。 インターネットやデジタルデバイスの急速な発展に伴い、情報メディアとしての紙は、素材本来の可能性を本質的に再検証する転換期を迎えている。そんな現代において、紙そのものの内にある「精度」を見つめ直し、新たなマテリアルとしてのファインペーパー=「precision paper」が、9組のクリエイターによって生み出された。 本書は、6月に開催された東京展と、それぞれの制作過程の模様を、写真と豊富なテキストで構成。5000字超に及ぶクリエイターへのインタビューや、文化人類学者・竹村眞一氏のエッセイ、株式会社竹尾の社長と本展ディレクターの田中義久、会場構成を担当した中山英之の鼎談などを加え、記録としてのみならず、ものづくりやこれからの産業について、多角的に読み込める一冊となった。 ----- 永原康史 [情報の紙] 一般的な用紙に風合いを持たせる方法として、エンボスという手段がある。紙を抄く段階または抄いた後に、模様のついた金属ロールや毛布(フェルト)を使用して用紙に凹凸・風合いを施す。 今回は、上質紙を基材とし、マイクロパウダー層(バンプ層)、インクジェット層、マイクロフィルムといった構造をなすデジタルシートに、カシオ計算機が独自に開発した2.5Dプリントテクノロジー「Mofrel」によりカーボンで印刷。電磁波を照射することで、中の熱可塑性樹脂が反応・膨張し、非接触でエンボスのような凹凸を表現することが可能となった。押し型を持たないため、一枚ずつ異なったテクスチャーが再現でき、今後の印刷表現に新たな発展を促す可能性を含んでいる。 デジタルデータという「情報」を素材とする永原の今作は、あえて凹凸の調整はせず、データの可視化そのままを出力することで、データが本来持つ感情だけではない風合いが描き出された。 ----- <書籍> 発行:株式会社竹尾 / 発売:HeHe / 272ページ / ソフトカバー / 257 x 182mm / 9784908062247 / 2018年 <仕様> 「precision paper」1点付き BOX:254 x 189 x 32mm / 蓋式