Serge Schoemaker Architects / Strategic Interventions
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

Serge Schoemaker Architects / Strategic Interventions

¥4,400 税込

送料についてはこちら

アムステルダムの防塞線とは、42個の要塞が開知された全長135キロメートルの堤防で、アムステルダムの防衛を目的として1880年から1914年にかけて作られた。その中のホーフトドルプ砦は南西部に位置する要塞で、この立ち入り禁止の場所をオランダの建築家セルジュ・ショーマーカーが公開した。 1904年に完成したこの砦の雰囲気をそのままに、その特徴を強化したショーマーカーの設計手法は、建築の編集ともいえるだろう。その建物自体が持っている物語に寄り添い、本来の軍事目的から解放することで、普遍的な意義を与えているのだ。 The Architecture Observer / 96ページ / ソフトカバー / 271 x 191 mm / 9789492058126 / 2021年