{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

Tom Warren / The 1980s Art Scene in New York

13,200円

送料についてはこちら

1980年代のニューヨークは、犯罪の多発やエイズの問題など、矛盾と二極化に満ちていた。その一方で経済は活況を呈し、利益を得た人々は退廃的な生活を送ることができた。アーティストや文化人たちは、この対照的な街に魅了され、政治やジェントリフィケーション(都市の富裕化現象)などの問題に批判的に取り組みながら、享楽的なライフスタイルを満喫した。 例えば、写真家トム・ウォーレンは、イーストビレッジの空きスペースを芸術的に再利用することで有名になり、ニューヨークのアートシーンに大きく貢献した。このモノグラフでは、バリー・ブラインダーマン、コーネリアス・コンボーイ、クエンティン・クリスプ、ルイス・フランジェラ、キース・ヘリング、パット・ハーン、マリリン・ミンター、レディ・ピンク、レネ・リカード、ジュディ・リフカ、サンドラ・シーモア、キキ・スミス、ハンナ・ウィルク、デヴィッド・ヴォナロヴィッチなどの写真が紹介されている。 Hatje Cantz / 320ページ / ハードカバー / 310 x 265 mm / 9783775751810 / 2021年

セール中のアイテム