Petra Stavast / Ramya
5bd93c3cef843f7ea1001d86 5bd93c3cef843f7ea1001d86 5bd93c3cef843f7ea1001d86 5bd93c3cef843f7ea1001d86 5bd93c3cef843f7ea1001d86 5bd93c3cef843f7ea1001d86

Petra Stavast / Ramya

¥6,050 税込

送料についてはこちら

写真家のPetra Stavast(ペトラ・スタヴァスト)は、彼女の元家主の女性であるRamya(ラムヤ)の生活を記録することに多大な関心と努力を費やした。彼女が2001年にラムヤの家に引っ越したとき、カメラはふたりの間のコミュニケーションツールとなり、結果として、この家とその住人の静かで親密な写真シリーズが生まれた。 2012年のラムヤの死後、このプロジェクトは新しい局面を迎える。スタヴァストは元家主の人生の物語をより深く掘り下げ、本人の私的な記録だけでなく、折に触れて近所の人たちによって撮影された写真も発見した。本書でスタヴァストは、1981年から1985年頃バグワン(オショウ)の信者らによってアメリカ・オレゴン州の荒野に創設されたラジニーシプーラム生活共同体にラムヤが参加していた事実などをたどる。写真からもわかるとおり、当時を語る唯一の痕跡である現地は、今では大きなアスファルトの道路となった。映像では、アムステルダムに戻り、新しい教祖によるワークショップに参加するラムヤを捉える。これらは総じてスタヴァストによるラムヤの伝記であり、非凡な人生の記録である。 Fw:Books / 224ページ / ハードカバー / 240×170 mm / 9789490119270 / 2014年