Guido Guidi / PER STRADA
5c15ef75c3976c6dc447f53b 5c15ef75c3976c6dc447f53b 5c15ef75c3976c6dc447f53b 5c15ef75c3976c6dc447f53b 5c15ef75c3976c6dc447f53b 5c15ef75c3976c6dc447f53b 5c15ef75c3976c6dc447f53b

Guido Guidi / PER STRADA

¥12,960 税込

送料についてはこちら

イタリア・チェゼーナ出身の写真家、Guido Guidi(グイド・グイディ)の3巻からなる作品集には、1980年から1994年にかけて、ミラノからアドリア海を結び、また作家自身の家があるエミリア街道のランドスケープを撮った写真群が収録される。今日でもポー平原の南端の地域の背骨となっているこの古代ローマの街道には、パルマ、レッジョ・エミリア、モデナ、ボローニャ、フォルリ、リミニといった中規模の都市が点在している。彼は8x10インチの大判カメラを構え、歴史が残る街の中心部ではなく、むしろ都市と都市の間の「裂け目」にレンズを向けた。何世紀にも渡って人々が暮らし、農業や商工業に勤しむなかで形成されていった風景に刻み込まれている様々な印を辿り、魅力あふれる視覚的記録にまとめている。 本プロジェクトは、作者の住むチェゼーナの郊外から始まった。彼にとって日常の風景を写真に撮ることは、自分の祖国・イタリアの重要性を認識することであるだけでなく、ステレオタイプ、概念、制約など自分自身をがんじがらめにしているものから自由になることでもあった。 「ある時私は、どうしても自分の部屋から飛び出していかなければならないと感じました。Wim Wenders(ヴィム・ヴェンダース)のロードムービー『まわり道』(1975)で、ヴィルヘルムが窓の桟を平手で殴って家を出ていったみたいに。家を出たとしても何を見つけることができるでしょう?一軒の家。入口のドア。ただ私の横を通り過ぎる、もしくは私に何か尋ねてくる女性―」― グイド・グイディ 本書には、グイディが編集したLuigi Ghirri(ルイジ・ギッリ)とのコラボレーション作品『DUE FOTOGRAFI PER IL TEATRO BONCI』(1983)の収録作品も含まれる。それらの作品は作者個人だけでなく、1986年に開催されたグループ展「Esplorazioni sulla Via Emilia」など、他のアーティストとの共同プロジェクトとしても継続された。 MACK / 464ページ + 32ページ / ペーパーバック、スリップケース付き / 240 x 300mm / 9781912339174 / 2018年