takeo paper show 2018 precision:Special Edition(原研哉)
5c4c0aa33b6365235a840069 5c4c0aa33b6365235a840069 5c4c0aa33b6365235a840069 5c4c0aa33b6365235a840069 5c4c0aa33b6365235a840069 5c4c0aa33b6365235a840069 5c4c0aa33b6365235a840069 5c4c0aa33b6365235a840069 5c4c0aa33b6365235a840069

takeo paper show 2018 precision:Special Edition(原研哉)

¥7,344 税込

送料についてはこちら

1899年の創業以来、紙の専門商社として高級特印刷用紙「ファインペーパー」の開発と提供を行う株式会社竹尾。1965年より開催し、2018年に48回目を迎えた「竹尾ペーパーショウ」は、日本国内の紙関連業界において唯一かつ最大規模の展示会だ。 4年ぶりの開催となった今回の竹尾ペーパーショウは、「precision / 精度」をテーマに掲げ、これまでのファインペーパーの枠組みの中だけでなく、多様な紙素材をファインマテリアルへ進化させた、新しいファインペーパーを提案した。 インターネットやデジタルデバイスの急速な発展に伴い、情報メディアとしての紙は、素材本来の可能性を本質的に再検証する転換期を迎えている。そんな現代において、紙そのものの内にある「精度」を見つめ直し、新たなマテリアルとしてのファインペーパー=「precision paper」が、9組のクリエイターによって生み出された。 本書は、6月に開催された東京展と、それぞれの制作過程の模様を、写真と豊富なテキストで構成。5000字超に及ぶクリエイターへのインタビューや、文化人類学者・竹村眞一氏のエッセイ、株式会社竹尾の社長と本展ディレクターの田中義久、会場構成を担当した中山英之の鼎談などを加え、記録としてのみならず、ものづくりやこれからの産業について、多角的に読み込める一冊となった。 ----- 原研哉 [半透明の紙] 一般的なトレーシングペーパーは、パルプを水中に離解し、十分に擦りつぶし、解きほぐすこと(重叩解)で繊維間の隙間を少なくして透過度を上げていく。今回、原が採用した「ドリープF」は、紙を硫酸溶液で処理することで、パルプ繊維をゼラチン状に変性(アミロイド化)させ、繊維間を結合させている。アミロイド化により、紙の強度が増し、耐油性や耐水性などの機能を得た半透明な素材となる。 そこへレーザービームを照射し微細なパターンデータなどを忠実に再現するレーザーカッティング加工で、非常に緻密な大小の丸が配列された抜き加工を施すことで、新たな透過性と素材感が生まれている。 張りのある1枚の紙が、精緻な加工技術を経てまったく新たな姿をみせ立ち上がっていく様相が示された。 ----- <書籍> 発行:株式会社竹尾 / 発売:HeHe / 272ページ / ソフトカバー / 257 x 182mm / 9784908062247 / 2018年 <仕様> 「precision paper」1点付き付き BOX:254 x 189 x 32mm / 蓋式