takeo paper show 2018 precision:Special Edition(藤城成貴)
5c4c0c48787d8466de2f35db 5c4c0c48787d8466de2f35db 5c4c0c48787d8466de2f35db 5c4c0c48787d8466de2f35db 5c4c0c48787d8466de2f35db 5c4c0c48787d8466de2f35db 5c4c0c48787d8466de2f35db 5c4c0c48787d8466de2f35db 5c4c0c48787d8466de2f35db

takeo paper show 2018 precision:Special Edition(藤城成貴)

¥7,480 税込

送料についてはこちら

1899年の創業以来、紙の専門商社として高級特印刷用紙「ファインペーパー」の開発と提供を行う株式会社竹尾。1965年より開催し、2018年に48回目を迎えた「竹尾ペーパーショウ」は、日本国内の紙関連業界において唯一かつ最大規模の展示会だ。 4年ぶりの開催となった今回の竹尾ペーパーショウは、「precision / 精度」をテーマに掲げ、これまでのファインペーパーの枠組みの中だけでなく、多様な紙素材をファインマテリアルへ進化させた、新しいファインペーパーを提案した。 インターネットやデジタルデバイスの急速な発展に伴い、情報メディアとしての紙は、素材本来の可能性を本質的に再検証する転換期を迎えている。そんな現代において、紙そのものの内にある「精度」を見つめ直し、新たなマテリアルとしてのファインペーパー=「precision paper」が、9組のクリエイターによって生み出された。 本書は、6月に開催された東京展と、それぞれの制作過程の模様を、写真と豊富なテキストで構成。5000字超に及ぶクリエイターへのインタビューや、文化人類学者・竹村眞一氏のエッセイ、株式会社竹尾の社長と本展ディレクターの田中義久、会場構成を担当した中山英之の鼎談などを加え、記録としてのみならず、ものづくりやこれからの産業について、多角的に読み込める一冊となった。 ----- 藤城成貴 [モールド] パルパーと呼ばれるタンクに、水と原料(主に段ボールや新聞、オフィスから出る古紙など)を入れて溶解し、金型を沈め、原料を抄きあげたのち、熱乾燥を与える。その後、製品によって凹凸型でプレス・成形し、仕上げの抜き加工を経て完成となる。型の形状により自在な形を生み出せるため、紙の素材感を活かした立体物が可能となる。また、その工程において、テーパー(傾斜)を直角に近づけることが困難とされている。 今回は、従来のモールド制作では珍しくひとつの作品に対し2種の原料を利用したものも制作。水に溶かす段階で1種の原料を完全に溶けきらない状態として意図的に残し、異なる2種の色の関係により、斑点模様が再現されることを試みた。プロダクトデザイナーならではの色への探求は、石材の表情に近づけるというマテリアルへの追及により、モールドに新鮮な価値を付けた。 ----- <書籍> 発行:株式会社竹尾 / 発売:HeHe / 272ページ / ソフトカバー / 257 x 182mm / 9784908062247 / 2018年 <仕様> 「precision paper」1点付き(色はお選びいただけません) BOX:254 x 189 x 32mm / 蓋式