Art
bauhaus jornal 1926-1931 facsimile edition
5da95f865b61b4454e0a973d 5da95f865b61b4454e0a973d 5da95f865b61b4454e0a973d 5da95f865b61b4454e0a973d 5da95f865b61b4454e0a973d 5da95f865b61b4454e0a973d 5da95f865b61b4454e0a973d 5da95f865b61b4454e0a973d 5da95f865b61b4454e0a973d 5da95f865b61b4454e0a973d

bauhaus jornal 1926-1931 facsimile edition

¥9,680 税込

送料についてはこちら

本書は14冊のバウハウスジャーナル(当時配布されていた校内誌)とその解説が書かれた本がスリップケースに収まっている書籍である。 バウハウスジャーナルは1926年から1931年の間にウォルター・グロピウスとラースロー・モホリナジの主導もと、定期的に発行されていた。その紙面には、ヨゼフ・アルバース、ワシリー・カンディンスキー、ポール・クレー、マルセル・ブロイヤー、ミース・ファン・デル・ローエなどの考えなどが掲載されていた。 バウハウスが設立されて丁度100年。このバウハウスジャーナルの復刊により、バウハウスの多様性や影響力を垣間見ることができるであろう。 Lars Müller Publishers / 412ページ / ソフトカバー、スリップケース入り / 300x 210mm /9783037785881 / 2019年