{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

Vincent Wittenberg & Wladimir Manshanden / Sorry for Damage Done

4,730円

送料についてはこちら

このプロジェクトの出発点は、オランダの有名な産業都市、アイントホーフェンの清掃会社が作成した膨大な写真データベースの発見だった。 2007年から2013年の間に、これらの企業は、自治体の公共スペースにあった無許可の落書きを清掃するよう依頼を受けた。仕事の証拠として、対象物をクリーニングの前後に2回撮影しており、結果として50,000枚の画像の巨大なアーカイブが出来上がった。 著者のヴィンセント・ウィッテンベルグとウラディミール・マンシャンデンがこのユニークなコレクションに出会った時、彼らはすぐにその歴史的価値に気づいた。このデータベースは、アイントホーフェンのグラフィティとステッカー文化の7年間にわたる綿密な記録であり、破壊行為とサブカルチャーの受け入れという市の葛藤を露わにしている。 本書では膨大なデータベース全体の3%にあたる1,500点を年代順に収録している。 The Eriskay Connection / 352ページ / ソフトカバー / 240x 170mm / 9789492051264/ 2017年

セール中のアイテム