State Bauhaus in Weimar 1919–1923
6056d688fda36050ab32412f 6056d688fda36050ab32412f 6056d688fda36050ab32412f 6056d688fda36050ab32412f 6056d688fda36050ab32412f 6056d688fda36050ab32412f 6056d688fda36050ab32412f 6056d688fda36050ab32412f 6056d688fda36050ab32412f

State Bauhaus in Weimar 1919–1923

¥10,560 税込

送料についてはこちら

1919年、ドイツのワイマールにあった国立美術学校はヴァルター・グロピウスの指導のもと教育方針を一新し、バウハウスという名前で生まれ変わった。 開校後初めての展覧会は4年後に開催され、本書はその際に出版された「Staatliches Bauhaus in Weimar 1919-1923」の複製版である。さまざまな作品をまとめたこのカタログは、バウハウスの理念を初めて紙に書き表し、その可能性を示したものとなった。 パウル・クレーやワシリー・カンディンスキーの考え方や、さまざまなワークショップで採用された教育方法、国営のバウハウスの仕組みや技術と芸術の融合を求める独自の改革プログラムなどが紹介されている一冊。 Lars Müller Publishers / 226ページ / ハードカバー / 248 x 245 mm / 9783037786239 / 2019年