other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

German Design 1949-1989 - Two Countries, One History

¥14,190 税込

送料についてはこちら

ドイツの統一から30年が立った今、戦後のドイツデザイン史を初めて包括的に紹介した一冊。 東ドイツはチープでカラフルなプラスチックのデザイン、西ドイツはクールな機能主義のデザインなどと簡単に分類するのではなく、壁の向こう側でデザインがどのように日常生活に溶け込んでいたか、復興の過程でどのような役割を果たしたか、冷戦下でどのようにプロパガンダツールとして機能していたかなどを明らかにしている。 ファッション、家具、グラフィック、自動車、インダストリアル、インテリアなど、さまざまな分野のデザインの図版を300点以上掲載し、西側で活躍したディーター・ラムスやオトル・アイヒャー、東側のルドルフ・ホルンやレナーテ・ミュラーの作品を、バウハウスやウルムデザインスクールなどの重要な機関との関わりの中で紹介している。 輸出経済と「メイド・イン・ジャーマニー」ブランドを定着させるために機能した西側のデザイン、社会主義の計画経済を促進するために幅広い人の手に届く価格にするため採用された東側のデザイン。本書ではそれぞれの異なる点に焦点を当てるだけではなく、両者のデザインを結びつける要素にも焦点を当てているのだ。 Vitra Design Stiftung / 320ページ / ソフトカバー / 280 x 218 mm / 9783945852446 / 2021年