{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

Mondrian Evolution

11,000 JPY

About shipping cost

オランダの画家、ピエト・モンドリアンの生誕150周年を記念して出版された本書は、その多面的な仕事と芸術的発展を称えている。彼は原色の青、赤、黄で部分的に塗りつぶされた白い表面に黒い線を配した幾何学的な構図で、美術史にその名を知られている。しかし、これらの作品は膨大な作品群のほんの一部に過ぎず、ミニマルな抽象画に行き着くまでさまざまな地理的条件に対応した形式的な進化を遂げていたのだ。 古典的な具象絵画の訓練を受けた後、パリに向かったモンドリアンは、パリを活気づける前衛的な潮流に身を置き、特にキュビズムは彼の想像力を刺激した。それを出発点に普遍的な美への道として、非具象的な「純粋造形芸術」である新造形主義を展開した。 本書は、モンドリアンが風景画家から抽象主義の先駆者になるまで、そしてその間にあるすべての道のりを丹念にたどったものと言える。各章では、風車、砂丘、海、水面に映る農場、抽象化された植物など、特定のモチーフに焦点をあてている。 Hatje Cantz / 264ページ / ソフトカバー / 265 x 215 mm / 9783775752374 / 2022年

Sale Items