{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

Remains-Tomorrow : Themes in Contemporary Latin American Abstraction

13,860円

送料についてはこちら

本書はラテンアメリカのダイナミックな現代抽象画の分野に対する示唆に富んでおり、社会、政治、文化の領域を批判的に検討するための戦略として、生活と直接対話する現実の拡大されたフィールドとしての抽象化を提案する。総勢280名ものアーティストを取り上げ、90年代以降のラテンアメリカの抽象画のさまざまな表現を探求し、現代の抽象画との関係や違いを強調し、ジェンダー、異文化、文脈の特異性、大衆文化、日常といった問題にどう関わるかを考察する。またテーマごとに構成されており、セシリア・ファハルド=ヒルによるエッセイ、フアン・レデスマによる歴史的エッセイのほか、参加アーティストによる28の短文、700点以上の図版が掲載されている。 Hatje Cantz / 522ページ / ハードカバー / 250 x 240 mm / 9783775753487 / 2022年

セール中のアイテム