{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

Yasser Alwan / Egypt Every Day

9,020円

送料についてはこちら

長年カイロに住んでいる人の目から見たエジプト社会の前代未聞の姿を描いた一冊。 ヤッサー・アルワン(1964-2022)は、イラク人の両親のもと、ナイジェリアで生まれた。レバノン、イラク、米国、スーダン、ヨルダンで学び、活動した後、1993年にエジプトに移住。カイロ・ドイツ大学をはじめとする様々な機関で写真を教える。 彼はカイロ市内とその周辺を撮影し、路上、競馬場、カフェ、皮革工場、採石場、本屋、陶芸工房などの仕事場で、人々との出会いを記録してきた。想像を絶するような貧困と政治的剥奪の中で生きる労働者のポートレートは、社会派ドキュメンタリーやフォトジャーナリズムの決まり文句を拒否している点で注目に値する。 怒り、誇り、忍耐の狭間にある人々を映した写真は、写真家への信頼感を伝えている。一方で、友人や家族を撮影した親密な写真は、日常のくつろいだ雰囲気の中で見られる中産階級の集合的な肖像を形成している。 Hatje Cantz / 120ページ / ハードカバー / 235 x 255 mm / 9783775753708 / 2022年

セール中のアイテム