PROVOKE(プロヴォーク)復刻版 全3冊揃
5c230ccb7cd36110a435e292 5c230ccb7cd36110a435e292 5c230ccb7cd36110a435e292 5c230ccb7cd36110a435e292 5c230ccb7cd36110a435e292 5c230ccb7cd36110a435e292 5c230ccb7cd36110a435e292 5c230ccb7cd36110a435e292 5c230ccb7cd36110a435e292 5c230ccb7cd36110a435e292 5c230ccb7cd36110a435e292 5c230ccb7cd36110a435e292

PROVOKE(プロヴォーク)復刻版 全3冊揃

¥8,640 税込

送料についてはこちら

『PROVOKE(プロヴォーク)』とは、1968年11月、美術評論家・多木浩二(1928-2011)と写真家・中平卓馬(1938-2015)によって発案され、そこに詩人の岡田隆彦(1939-1997)と写真家の高梨豊が同人として加わり創刊された同人誌。「思想のための挑発的資料」を副題とし、写真とエッセイ、詩で構成される。第二号からは写真家・森山大道もメンバーとして参加し、第三号まで発行したが、1970年3月に総括集『まずたしからしさの世界をすてろ』の刊行を最後に彼らはその活動を終え解散した。 荒れた粒子、ノーファインダーによる不安定な構図、ピントの合っていない不鮮明な写真群は「アレ、ブレ、ボケ」と揶揄され、賛否両論を巻き起こし、ときには写真という枠を超えて大きなインパクトを同時代に与えた。 しかしながら『プロヴォーク』は現在、大変入手困難な稀覯本(きこうぼん)となっている。 年々『プロヴォーク』への関心は、国内のみならず海外でも高まっている。2016年には「Provoke: Between Protest and Performance Photography in Japan, 1960-1975」と題する写真展がオーストリアを皮切りに開催され、スイス、フランス、アメリカを巡回する大規模な展覧会となった。世界中で社会変革の大きな動きが頂点に達していた1960年代末に、既成の写真表現あるいは視覚そのものに対する異議申し立てを、カメラという手段を通じて行なおうとしていた日本の『プロヴォーク』とその周辺の活動が、いま様々な場所で再検討されようとしている。 二手舎 / 68+109+110ページ / ソフトカバー(第2巻のみ帯付き) / 210×210mm, 242×180mm, 240×185mm / 2018年