I went to the worst of bars hoping to get killed. but all I could do was to get drunk again
5c26eda627b44e6c74ad94d4 5c26eda627b44e6c74ad94d4 5c26eda627b44e6c74ad94d4 5c26eda627b44e6c74ad94d4 5c26eda627b44e6c74ad94d4 5c26eda627b44e6c74ad94d4

I went to the worst of bars hoping to get killed. but all I could do was to get drunk again

¥4,860 税込

送料についてはこちら

アイルランド出身の写真家、Ciáran Óg Arnold(キーラン・オグ・アーノルド )の初となる作品集。「殺されたいと願いながら、この世で一番最悪なバーに行った。でもそこで唯一できたのはまた酒を呑むことだった」という、アメリカ人詩人・作家のチャールズ・ブコウスキーの詩をタイトルに引用した本書は、アイルランドのサック川沿いにあるバリナスローという町が舞台となっている。「人込みの瀬の口」を意味する町名の通り、かつては人の集まる場所であったが、今では人がいないゴーストタウンのようになっている。人がいないクラブ、場末のバー、退廃した町の様子を透明人間のような視点で映し出している。文庫本のようなブックデザインからも本書コンセプトが伝わってくる。 本書は、イギリスの出版社MACKが主催する過去に写真集出版経験の無い作家の出版支援を目的とする「First Book Award」の2015年グランプリ受賞に伴い刊行された。 MACK / 76ページ / ソフトカバー / 220 x 160mm / 9781910164310 / 2015年