Luis M. Mansilla and Emilio Tuñón / From Rules to Constraints
5e97db5d55fa03203878253d 5e97db5d55fa03203878253d 5e97db5d55fa03203878253d 5e97db5d55fa03203878253d 5e97db5d55fa03203878253d 5e97db5d55fa03203878253d 5e97db5d55fa03203878253d

Luis M. Mansilla and Emilio Tuñón / From Rules to Constraints

¥5,500 税込

送料についてはこちら

マドリードを拠点に活動していたLuis M. Mansilla(ルイス・モレノ・マンシージャ)とEmilio Tuñón(エミリオ・トゥニョン)は、2008年から2010年の間、アメリカのニュージャージー州にあるプリンストン大学建築学科で、建築家であり同大学の教授であったJean Labatut(ジーン・ラバトゥ)の授業の客員教授を担当していた。 本書は、教育、デザイン練習、歴史、そして街に関して考察したものである。スケールがそれぞれ異なる3つの場所に焦点を当て、働くことに対する新しいルールを作るために、建築プロジェクトの社会的、歴史的、政治的そして環境的な制約を検討した。 彼らの教育方法と、自身の建築作品両方を考察することにより、建築物と環境、自由と制約、また決定されたものと未定のものの間の進行中の会話として、設計プロセスを提示している。 Lars Mueller / 248ページ / ペーパーバック / 241 x 165 mm / 978-3037782811 / 2012年