{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

Kazuo Shinohara / Traversing the House and the City

¥7,920 税込

送料についてはこちら

日本の建築家である篠原一男は、戦後世代において最も偉大で影響力のある人物の一人である。彼の建築は、シンプルさと驚き、秩序と意外性が融合し、崇高な美しさを持っている。 本書は、これまで見過ごされてきた篠原氏が後期に創った施設の作品を、初期の代表的な住宅と並べることで「住宅と都市の等価性」を明らかにしている。さらには、新たな学術論文、クライアントや協力者へのインタビュー、篠原の主要なテキストの翻訳に加え、未発表のドローイングや彼の個人的な旅行写真も掲載されている。 Lars Müller Publishers / 320ページ / ハードカバー / 205 x 250 mm / 9783037785331 / 2021年