{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

Beuys & Duchamp / Artists of the Future

11,880円

送料についてはこちら

芸術の概念に根本的な疑問を投げかけたフランス生まれの芸術家、マルセル・デュシャン(1887-1968)と、彫刻やパフォーマンス、インスタレーションなど多彩な活動で1960年以降の芸術を拡張したドイツ人現代美術家、ヨーゼフ・ボイス(1921-86)のビジュアル資料集。 ヨーゼフ・ボイスは、会話やインタビューの中で、他のどのアーティストよりもマルセル・デュシャンのことを多く引用しており1964年の初期の作品には、デュッセルドルフの中継スタジオでのアクション『マルセル・デュシャンの沈黙は過大評価されている』まで存在する。その中で、ボイスはデュシャンの作品を繰り返し批判し、拡張された芸術という概念の政治的・社会的次元に焦点を移そうとした。 この二人のアーティストの関連とつながりは深く、両者とも、芸術の概念や日常生活における芸術の役割を見直すために、同じような急進的な戦略を用いている。 本書は、この関係を深く掘り下げ、両者の未来志向の可能性を探る初めての試みである。 Hatje Cantz / 388ページ / ソフトカバー / 288 x 225 mm / 9783775750684 / 2021年

セール中のアイテム