{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

Jon Horvath / This Is Bliss

¥8,030 税込

送料についてはこちら

ジョン・ホーヴァスは、本書に収録されたマルチメディア・シリーズ「This is Bliss」(2014-2018)において、アイダホ州のブリスという小さな町を記録し、アメリカ西部の歴史的にロマンチックに描かれた描写と現代の現実との対比を考察した。 ウィスコンシン州出身の彼は、ドライブ旅行中に、その牧歌的な名前(Bliss=至福)が書かれたハイウェイの出口標識に気づき、この場所に最初に引き寄せられたという。ホーヴァスは、この地域を歩き回り、日常の環境を綿密に調査し、遺物を収集し、その過程で出会った人々と親交を深めた。本シリーズを制作するために、彼はいくつかの異なるツールやカメラを使用した。 一つの写真群では、町のメインハイウェイの近くに捨てられたビール瓶や枯れ草を集め、19世紀に作られた鉄板写真の手法を用いて記録する。ビデオ作品では、スタントパフォーマーのイーベル・クニーベルがオートバイのスタントに失敗して墜落したことで広く知られている峡谷を、水切り石で走破しようとする様子を記録している。また、ブリスは、J.D.サリンジャーが『ライ麦畑でつかまえて』で描いた不満分子の典型であるホールデン・コールフィールドにインスピレーションを与えた名前、ホールデン・ボウラーの故郷でもある。 アメリカの理想主義とアメリカ的文明観の複雑な歴史を反映した、好景気と不景気の複雑な物語を持つ場所であるブリスに残っているのは、2つのガソリンスタンド、学校、教会、ダイナー、2つのサルーンだけで、300人の住人が暮らしている。過去、現在、そして集合的な場所のアイデンティティに関する詩的な研究である。 Fw: Books / 280ページ / ソフトカバー / 290 x 210 mm / 9789083165868 / 2022年