{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

Rainer Ganahl / DADALENIN

6,820円

送料についてはこちら

DADALENINは、ダダとレーニンが一般に考えられている以上に多くの共通点を持っていたことを再構築し、推測している。本書はアヴァンギャルドの満たされざる遺産を問うために、並行し重なり合う芸術的・政治的歴史の悲劇的な側面を浮き彫りにする。 ダダはチューリッヒのシュピーゲルガッセにあるキャバレー・ヴォルテールで創設された。レーニンがスイスに亡命し、帝国主義に関する著書を執筆したアパートから目と鼻の先である。この歴史的な偶然は、美的前衛と政治的前衛の関係について根本的な問題を提起している。 ライナー・ガナールの広範な作品群において、ダダとレーニンは歴史的想像力の豊かな源泉である。この歴史的状況に没入するために、ガナールは、ポルノ、恐怖、アヴァンギャルドの歴史の間の無人の土地から、一連の歴史的ディテールやキャッチフレーズから出発して、アニメーション映画から演劇パフォーマンス、インクドローイングからブロンズ彫刻まで、さまざまな芸術的メディアやテクニックを用いている。 共同編者のヨハン・F・ハートルは、ライナー・ガナールの作品展開の中にDADALENINを位置づけ、芸術的・政治的前衛に関する現在の議論の文脈の中でそれを再構築している。こうして、あらゆる種類の異様な同盟関係において間接的に私たちを悩ます、現代文化論の数々の重要なモチーフの反映として現れる。ジェニー・ボーランドとのインタビューでは、ガナールの芸術制作の具体的な根拠、つまりそのメディア、技法、展開の論理に焦点を当てている。ボリス・グロイスは、20世紀ロシアとヨーロッパ史の最も重要な出来事に照らし合わせて、前衛の歴史に対するDADALENINの視点を論じ、「すべての歴史はダダイストである」(グロイス)と結論づけている。 Edition Taube / 608ページ / ハードカバー / 230 x 160 mm / 9783981451849 / 2013年 / Edition of 700

セール中のアイテム