{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

Joseph Beuys / Periphery Workshop. documenta 6, 24–30 June 1977

¥7,260 税込

送料についてはこちら

1973年4月27日、ヨーゼフ・ボイスは、社会的、経済的、教育的背景にかかわらず、個人の創造的可能性を実現し、芸術を通してその創造性が社会の進歩を促すことを目的とした反体制的な機関、自由国際創造・学際研究大学を設立した。その一環として、ボイスは1977年、ドキュメント6で100日間にわたり、「移民ワークショップ」「暴力と行動ワークショップ」「原子力と代替案ワークショップ」、そして本書の主題である「周辺ワークショップ」など、13のワークショップからなる野心的なシリーズを開催した。周辺部ワークショップの中心は、ボイスの言葉を借りれば、「周辺部ヨーロッパ/EECの拡大/フランス・ドイツ軸/地域と地中海沿岸諸国の共通戦略」というテーマであった。世界中から集まった来場者は、これらのテーマについてボイスに質問し、議論することができ、ボイスは、言葉だけでなく、その答えにも喜んで応じた。ボイスは黒板いっぱいに魅力的なドローイング、図、思考を描き、それ自体が芸術作品であり、本書のベースとなっている。 Steidl / 136ページ / ハードカバー / 297 x 210 mm / 9783958299177 / 2022年