{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

Crystal Bennes / Klara and the Bomb

¥6,820 税込

送料についてはこちら

本書は、現代のコンピューターの発明と核兵器の歴史、そして特にそれに関わる女性たちの物語をつなぐ糸を描く写真と歴史の作品。 現代のコンピューターは、第二次世界大戦中と戦後に行われた、軍資金による核兵器の研究開発に端を発する。これらの兵器の多くは、後にマーシャル諸島で使用され、先住民のコミュニティは強制的に故郷を追われることになった。これらの物語は、著名な数学者であるジョン・フォン・ノイマンと結婚して渡米したクララ・フォンノイマンの知られざる人生を通して語られる。最初のコンピューター・プログラマーの一人であるクララの物語は、1940年代以降、コンピューターと核兵器の開発に女性がいかに深く関わっていたかを浮き彫りにしている。1963年、クララの死体がカリフォルニアの自宅近くの海岸で発見された。検視官の報告書によると、溺死による自殺であった。 スコットランドを拠点に活動するアメリカ人アーティスト、ライターのクリスタル・ベネスは、フィールドワークの画像とアーカイブ研究、機密解除された書類、軍のプロパガンダ、歴史的な画像、そして膨大なテキストによる物語を組み合わせ、これらの物語に命を吹き込んでいる。 The Eriskay Connection / 320ページ / ソフトカバー / 230 x 170 mm / 9789492051820 / 2022年

セール中のアイテム