{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

Sofia Coppola / ARCHIVE

13,200円

送料についてはこちら

本書は、ソフィア・コッポラの映画界における特異かつ影響力のあるキャリアのすべてを網羅した初の書籍である。コッポラ自身のパーソナルな写真や資料などのコレクションから構成されており、初期の開発作品から、参考文献のコラージュ、影響を受けた作品、注釈入りの脚本、未公開の舞台裏ドキュメントまで、彼女がこれまでに手がけた全8作品について詳細に解説している。『ヴァージン・スーサイズ』(1999年)から『ロスト・イン・トランスレーション』(2003年)、『マリー・アントワネット』(2006年)、『The Beguiled』(2017年)、そしてプリシラ・プレスリーのグレイスランドでの幼少期を描いた長編『プリシラ』(2023年秋)へと続く軌跡を描いたこの豪華な一冊は、21世紀を代表する紛れもない映画作品のひとつを振り返る。 コッポラが自ら編集し、全編に注釈を加えた本書『Archive』は、彼女の手法、参考文献、協力者たちとの親密な出会いを提供し、彼女の作業プロセスへのかつてない洞察を与えてくれる。コッポラのアーカイヴから集められた極めてパーソナルなイメージとテキストに付随して、著名な映画ジャーナリスト、リン・ハーシュバーグのインタビューが掲載されている。 MACK / 488ページ / ソフトカバー / 280 × 216 mm / 9781915743138 / 2023

セール中のアイテム