takeo paper show 2018 precision:通常版
5c4accc1787d842258ed7dec 5c4accc1787d842258ed7dec 5c4accc1787d842258ed7dec 5c4accc1787d842258ed7dec 5c4accc1787d842258ed7dec 5c4accc1787d842258ed7dec 5c4accc1787d842258ed7dec 5c4accc1787d842258ed7dec 5c4accc1787d842258ed7dec 5c4accc1787d842258ed7dec 5c4accc1787d842258ed7dec 5c4accc1787d842258ed7dec 5c4accc1787d842258ed7dec 5c4accc1787d842258ed7dec

takeo paper show 2018 precision:通常版

¥3,024 税込

送料についてはこちら

1899年の創業以来、紙の専門商社として高級特印刷用紙「ファインペーパー」の開発と提供を行う株式会社竹尾。1965年より開催し、2018年に48回目を迎えた「竹尾ペーパーショウ」は、日本国内の紙関連業界において唯一かつ最大規模の展示会だ。 4年ぶりの開催となった今回の竹尾ペーパーショウは、「precision / 精度」をテーマに掲げ、これまでのファインペーパーの枠組みの中だけでなく、多様な紙素材をファインマテリアルへ進化させた、新しいファインペーパーを提案した。 インターネットやデジタルデバイスの急速な発展に伴い、情報メディアとしての紙は、素材本来の可能性を本質的に再検証する転換期を迎えている。そんな現代において、紙そのものの内にある「精度」を見つめ直し、新たなマテリアルとしてのファインペーパー=「precision paper」が、9組のクリエイターによって生み出された。 本書は、6月に開催された東京展と、それぞれの制作過程の模様を、写真と豊富なテキストで構成。5000字超に及ぶクリエイターへのインタビューや、文化人類学者・竹村眞一氏のエッセイ、株式会社竹尾の社長と本展ディレクターの田中義久、会場構成を担当した中山英之の鼎談などを加え、記録としてのみならず、ものづくりやこれからの産業について、多角的に読み込める一冊となった。 *Special Edition(「precision paper」1点付き・BOX入り)はこちら 安東陽子 [紙布]:https://post-books.shop/items/5c4ad0b0c2fc284928dc91b1 葛西薫 [色紙]:https://post-books.shop/items/5c4c07a7c2fc2829a2110efd 田中義久[和紙]:https://post-books.shop/items/5c4c08c4787d844ec82f3534 DRILL DESIGN [段ボール]:https://post-books.shop/items/5c4c09753b63650d9883ffcb 永原康史[情報の紙]:https://post-books.shop/items/5c4c0a0ec2fc28594a111848 原研哉[半透明の紙]:https://post-books.shop/items/5c4c0aa33b6365235a840069 原田祐馬[厚紙]:https://post-books.shop/items/5c4c0b41aee1bb4ee82b9eb2 藤城成貴 [モールド]:https://post-books.shop/items/5c4c0c48787d8466de2f35db 発行:株式会社竹尾 / 発売:HeHe / 272ページ / ソフトカバー / 257 x 182mm / 9784908062247 / 2018年